メニュー
お問い合わせ

Jアカデミアの紹介

学院長挨拶

学院長(代表取締役)の北村貴幸です。この度は弊社HPをご覧いただきありがとうございます。

Jアカデミアのモットーは、『“楽しく”“厳しく”“できるまで”』です。

一人ひとりの生徒たちの長所・美点を見つけ、褒めて自信を育む。時には、ユーモアもあり笑顔のあふれる場面がある。また、叱るべき時にはしっかり叱る。そして、生徒たちが理解し、実際にできるようになるまでとことん付き合う。時には厳しいこともありながら、塾に行くのが楽しく、情熱あふれる講師陣がとことん生徒たちに関わっていく。その過程で、成績向上を果たし、自信を育み、人間的な成長もある。私たちはこんな教育機関をつくっていきたいと願っています。

褒める・笑顔・叱る・わかりやすい解説・適切なカリキュラム・しっかりした事務対応・・・。

学習塾に必要な要素はいろいろありますが、私たちJアカデミアが全てにおいてベストな学習塾かというと残念ながら「はい」とは言えません。まだまだ不完全な組織です。しかしながら、生徒一人ひとりに懸ける情熱の大きさと実際に通知表上で成績が向上する生徒の割合(成績向上率)には自信がございます。

成績向上を願う方。他塾さんや家庭教師で成果が出なかった方。是非一度お気軽にご連絡いただき、入塾面談をお受けください(入塾面談後ご入学されるか否かをご決定ください)。ご入塾いただいた場合、講師一同、全力でお子様に関わらせていただきます。どうかよろしくお願いいたします。

北村貴幸 北村貴幸(きたむらたかゆき)。
1993年に名大学習塾(現 株式会社Jアカデミア)を設立。
名古屋大学教育学部教育心理学科卒。
産業カウンセラー((社)日本産業カウンセラー協会)

経営理念

子ども達の人生を幸せなものに

Jアカデミアの存在目的は、 子ども達の人生を幸せなものにすることです。 そのために、「自分はやればできる人間だ」という能力に対する自信と、「自分は人から愛され得る人間だ」という人間性に対する自信、そして魂から湧き上がる夢や目標、 更に我欲ではない「社会の役に立ちたい」という志を育みます (2つの自信・1つのビジョン)。

教育の営みを通じて、未来ある子ども達に、自信と夢を育み、その人生を幸せなものにしていく。それが私たちの使命であり、Jアカデミアの経営理念です。

未来ある子どもたちへ

貴方には夢や目標はありますか?

こんな職業に就きたい・○○高校に行きたい・こんな人間になりたい・こんな人生を送りたい・・・。

そして、それは本気で叶えたい夢や目標ですか?

それは何かしら社会の役に立つ夢や目標ですか?

貴方は自分のことが好きですか?

自分という人間に自信を持っていますか?

「自分はやればできる人間だ」と思えていますか?

「自分は人から愛され得る人間だ」と思えていますか?

これらの問いに一つでも多く「はい」と答えられれば答えられるほど、その人の人生は豊かで幸せなものになっていくと、私は思っています。

ですからどうぞ、自分が本当に叶えたい夢や目標を探してください。そしてその実現のために、毎日を真剣に生きてください。

ですからどうぞ、「自分はやればできる人間だ」と思えるために、日々の授業や確認テストに本気で取り組み、見事成績向上を果たしてください。

ですからどうぞ、「自分は人から愛され得る人間だ」と思えるために、人の短所よりも長所を見、人に親切にしてください。

より良い人生を創り出していくために、どうか全力を尽くしてください。

貴方に一つでも多く「はい」と答えてもらうために、そして少しでもより良いJアカデミアをつくっていくために、私も全力を尽くします。

事業内容

個別指導塾

当社は小学1~6年生と中学1~3年生を対象として学習指導を行うことを主たる業務とし、すべて直営方式で運営しております。

会社沿革

1993年 名大学習塾設立
1995年 進学予備校名大学院に改称  神丘校開校
1997年 尾張旭校開校
2001年 個別指導塾Jアカデミアに改称  正社員採用開始
2003年 本社ビル購入  印場校・前後校開校
2004年 長久手校開校
2005年 株式会社に移行  水野校・三好校・豊明校開校
2018年 創業25周年

Jアカデミアでは?

心理学をかなり本格的に導入しています

生徒さんへの学習指導において、従業員さんの研修において、Jアカデミアでは、創業時より心理学を基礎理論として位置づけています。
従業員さんに対しては、新人講師研修・新入社員研修を皮切りに、一日研修や一年研修も例年行われ、役職者には更に外部の専門機関への研修派遣も行っております。生徒さんに対しても、心理学の理論に基づいた課題を提示したり、何より心理学的素養を身につけた講師が学習指導に当たります。

心理学にもいろいろありますが、Jアカデミアでは特に以下のものを、専門的に学び、生徒指導・人財育成に導入しています。

交流分析

交流分析(Transactional Analysis:略称 TA)は、精神医学の場面だけでなく、教育・ビジネス等多くの場面で学ばれている、精神分析・心理療法の1つです。

交流分析には2つの側面があります。1つは、心理療法=精神疾患の治療方法として生み出された点。もう1つは、従来の精神分析をわかりやすくしたものである点(精神分析の口語訳といわれます)。その2つの特徴により、教育や人財育成との相性が極めて良く、特に欧米の教育・ビジネス界で広く普及している心理学の1つになっています。

発達心理学

人はこの世に生を受けてからその生涯を終えるまで、年代毎に様々な発達上の課題・特徴があります。それらを専門的に研究しているのが発達心理学です。その中でもJアカデミアでは特に、ライフサイクル論(E.エリクソン)・交流分析の発達モデル・ユング心理学の発達モデルを、研究・導入しています。

小学生には小学生の、中学生には中学生の、社会人には社会人の発達課題があります。周りの先生・上司が関わっていく上での注意点も当然異なります。Jアカデミアでは、それらを学術的に理解した上で、生徒指導・人財育成を行いますので、他塾さん・他社さんとは、ひと味もふた味も違った指導・育成が可能になります。

コーチング

“20世紀にもっとも影響の大きかった心理療法家“である C.ロジャーズの来談者中心療法を、特に教育・スポーツ・ビジネスの分野に適用・改良させた技術・技能体系です。

こうした出自を持つコーチングは、特にアメリカの教育・ビジネス界では既に普及していますし、昨今では日本においても、ちょっとしたブームになっています。

J アカデミアでは、20年以上前から人財育成プログラムにコーチングを組み込んできました。教育者・リーダーがコーチングスキルを身につけているか否か?教育・人財育成に大きな差を生むと思います。

入塾エントリーフォーム
校舎マップ 名古屋市 豊明市 尾張旭市 長久手市 瀬戸市 みよし市